やることがない時のおすすめの過ごし方|何もすることない休日や暇な時間を有効に使うには?

やることがない時のおすすめの過ごし方|何もすることない休日や暇な時間を有効に使うには?

HaRuKa 2023.09.15
せっかくの休日なのにやることがない時ってありますよね。そこで今回は、暇な休日に最適なおすすめの過ごし方をご紹介します。インドア、アウトドア別の過ごし方から、大型連休向けの過ごし方まで解説しているので、ぜひ参考にして有意義な時間を過ごしてくださいね!

やることがない時におすすめの過ごし方って?

やることがない時のおすすめの過ごし方

やることがない時、ただ暇な時間を過ごすのはもったいないですよね。せっかくの仕事が休みの日は、社会人らしい遊びや仕事のストレスを癒す時間の過ごし方などで、有意義な時間を過ごしたいものです。

仕事が休みなのに「やることがない」という方が、有意義な時間を過ごすためのコツは何があるのでしょうか。おすすめの休日の過ごし方も合わせて紹介していきます。


何もすることがない時に有意義な時間を過ごすコツとは

有意義な時間の過ごし方のコツ

「時間はあるんだけど、やることがなくて暇…」そんな休日の過ごし方はもったいないですよね。

ここでは、やることがない人におすすめしたい、有意義な時間を過ごすコツを3つご紹介します。実行するだけで趣味が持てたり、新たな出会いがあったり、今までの生活に大きな変化をもたらしてくれるかもしれませんよ。

有意義な時間を過ごすコツ
  1. 自分の好きな事をする
  2. 楽しもうとする気持ちを持つ
  3. 日頃からメモしておく
タップすると移動します

コツ1. 人は人、自分は自分と周囲と比較せず、自分の好きな事をする

やりたいことをして過ごすのが有意義な時間となります。「周りはこんなことをしているから…」と合わせようとすると、腰が重くなってなかなか実行できないまま時間が過ぎてしまいます。それは、あなたが興味のないことだから。

人は人、自分は自分と周囲と比較せず、自分の好きな事をやることで、充実した時間の過ごし方となるのです。


コツ2. 何事も楽しもうとする気持ちを持つ

何をするのにも積極的な人の方が人生を楽しんでいます。「やりたくないな…。つまんないな…。」とマイナスな考えをもって取り組んでいると、本来の楽しさを見出すことができません。

何事も楽しもうとする気持ちを持つことが人生を楽しむのには大切です。たとえ、友人の誘いで仕方なく参加することでも、楽しさを探す積極性があるのとないのとでは、充実感が全く違います。


コツ3. 自分のやりたい事や好きな事を日頃からメモしておく

有意義な時間の過ごし方のコツは日頃からやりたい事をメモする

「暇だな…」と思った時、やりたいことはパッと浮かばないもの。普段から興味や関心を持ったものはメモする習慣をつけるのがおすすめです。そうすることで、時間を無駄にすることなく有意義な時間にすることができます。

自分のやりたい事や好きな事を日頃からメモしておいて、何の予定もない休日にそのメモの中から、「今日やること」を見付けて実行してみるといいでしょう。


▷次のページ:【インドア・アウトドア別】やることがない時に最適な暇つぶしや有意義な過ごし方とは

よく一緒に読まれる記事

関連する記事