ディープキスのやり方|気持ちいいキスのコツと上手い舌使いを解説!

椎名ゆり 2023.11.01
ディープキスのやり方を知りたい方へ。本記事では、ディープキスの正しいやり方から、雰囲気を作るコツまで大公開!ディープキスをするタイミングと注意点も解説していきます!

【PR】素敵な出会いはNo1.マッチングアプリ「pairs(ペアーズ)」で探そう

ペアーズの画像

「普段の出会いがなさすぎる」
「好きになれる人を見つけたい」
「休みを異性と過ごしたい」

素敵な異性と出会うなら、利用者数No.1のマッチングアプリペアーズ』がおすすめです。

累計登録者数2,000万人を突破し、毎月1,300人に恋人ができています

これだけの人数が使ってるということは、単純に出会いやすいということ。マッチングアプリ初心者でも使いやすく、地方に住んでる方でも1番出会いやすいアプリです。

ダウンロード、登録は無料でできるので、ぜひ登録して素敵な異性から「いいね」が来るのを待ってみましょう!
※女性はメッセージの送受信が無料でできますが、男性は最初の1通目だけが無料です。

【無料】ペアーズを試してみる

そもそも「ディープキス」とは?普通のキスとの違いは?

「ディープキス」とは?

普通のキスは唇を重ね合わせるだけですが、ディープキスは、唇だけでなくお互いの舌を絡ませながら行うのが特徴。

舌を絡ませる濃厚な行為になるので、愛情表現に加えて性的な意味合いも強く含まれることが多いです。

そのため、唇を重ねるだけのキスよりも、ディープキスの方が長い時間行われる傾向にありますよ。


ディープキスの正しいやり方|初めての濃厚キスを失敗しないように確認しよう!

「ディープキスってどうやってすればいいの?」

「失敗しないようにディープキスの仕方を確認しておきたい!」

初めてのディープキスは、失敗しないか戸惑ってしまうでしょうが、やり方をおさえておけば誰でもうまくできます。

ここでは、正しいディープキスの仕方を具体的に解説していきます。

まずは動画でディープキスのやり方をチェック

ディープキスの正しいやり方


やり方1. ボディタッチしながら雰囲気作りをする

前触れもなくいきなりディープキスされると、相手の気持ちが追いつかず、引かれてしまう可能性が高いです。

なので、まずはお互いの気持ちが盛り上がるような甘い雰囲気作りをすることから始めましょう。

具体的には、

  • お互いにじっと見つめあう
  • 髪や肌に優しく触れる
  • 体を寄せ合ってギュッと抱きしめる

など、アイコンタクトやボディタッチでお互いの感情を高めていくのがポイント。

女性の場合、男性の肩や胸に顔を預けて、さりげなくキスしやすいように仕向けるのもおすすめですよ。


やり方2. 軽いキスを繰り返して気持ちを高める

甘い雰囲気作りができたからといって、いきなりディープキスをすると相手が驚いてしまいます。

まずは、軽いキスを繰り返してお互いの気持ちを高めていきましょう。

  • 普段よりも優しく、時には相手の目を見ながらキスする
  • 彼女の髪を撫でながら、何度も軽くキスをする

といったように、焦らず時間をかけることがポイント

雰囲気を壊さないようにゆっくりと2人だけのロマンチックな時間を楽しみましょう。


やり方3. 唇を少し開けてキスをする

軽いキスでお互いの気持ちが熱くなったら、次はディープキスへ移行するための流れを作っていきましょう。

具体的には、

  • 唇を少し開いて重ねる
  • 相手の唇を唇で噛んだり、甘噛みしたりする

というように、少しずつ深いキスをすることで、自然にディープキスになっていきます。

初めてだと緊張のあまり口元に力が入りやすいので、意図的に唇を開くことがポイント。

相手も同じように受け入れてくれたら、そのまま次のステップに進みましょう。


やり方4. 相手の唇の少し内側にそっと舌を入れる

ディープキスができそうになると焦って舌を入れたくなるかもしれません。

しかし、いきなりガッツリ舌を入れられると相手にびっくりされてしまう可能性が高いです。

ここで相手に引かれてしまったら、ディープキスができなくなってしまいます。

今まで作ってきた甘い雰囲気を壊さないように、そっと優しく唇の内側に舌を入れてみましょう

この時、焦らずゆっくりキスをするということを意識すると、初めてでもお互いに安心できるはずですよ。


やり方5. 相手との呼吸を整えながら舌を絡めていく

ディープキスのやり方

ディープキスに移行できたら、相手の舌を感じながら、少しずつ相手の舌に絡めて深いキスへと進んでいきましょう。

この時、

  • 相手が舌を入れてきたら動きに合わせて舌を絡ませる
  • 相手が動きを押さえたら、自分から舌を絡めてリードする

といったように、相手との呼吸を整えながらキスをするのがポイント。

やみくもに舌を絡めるより、2人の一体感が増してより濃厚で甘いディープキスを楽しめますよ。


やり方6. 優しくに控えめにして相手を焦らす

ディープキスは、最初から激しくしすぎないようにすると、お互いに「もっとしたい!」と求め合う気持ちが盛り上がっていきます。

なので、はじめはあえて優しく控えめにすることを意識しながらディープキスをするのがポイントです。

あえて控えめにする焦らしのテクニックにより、相手からより強く求めてもらいやすくなりますよ

優しいキスから、徐々に激しいキスに移行できるので、お互いに興奮できる濃厚なディープキスになります。


やり方7. 相手が激しく舌を絡めてきたら、自分も激しく絡める

ここまできたら、あとはお互いを感じながらタイミングを合わせてディープキスを楽しみましょう。

  • 激しく舌を絡めてきたら、自分も激しく絡めるなど、同じペースでキスをする
  • 強弱をつけながらリズミカルにディープキスをする

といったように、お互いの動きをよく感じ取ることがポイント。

興奮しすぎて無我夢中になると、相手の動きを感じにくくなってしまいます。

意識して相手の呼吸や動きに合わせることを忘れないようにしましょう。


▷次のページ:気持ちいいディープキスのコツ|相手からうまいと思われるキスのポイントとは?

よく一緒に読まれる記事

関連する記事