モテたい男性へ。女性にモテる男になる方法&モテない男の特徴を徹底解説!

女性からモテる男性になりたい方へ。本記事では、モテたいのにモテない男の特徴から、モテる男になる方法まで詳しく解説します!

モテたい男へ。モテるためには”イケメン”でなくても良い!

モテたい男へ。

男性が女性にモテる要因として真っ先に挙げられるのが、「顔の良さ」ですよね。

しかし、イケメンであることはモテる要素の1つに過ぎません。

普段の行動や態度など、女性は男性の様々な部分を見ているので、総合的に魅力のある男性がモテる男性といえます。

そのため、顔だけでモテるというような考えを捨て、行動を変えていくことができれば、あなたもモテるようになりますよ。


モテたいのにモテない男の特徴|非モテ男子になってないか診断しよう!

「努力しているのに全然モテない。」

「イケメンじゃないから女性が寄ってこない。」

彼女や結婚相手を見つけるために努力していても、なかなか効果が実感できない男性も多いですよね。

そこで、ここでは女性からモテない男性の特徴を紹介するので、自分が同じような行動をしていないかチェックしてみてください。

非モテ男子にならないように心がけましょう。

関連の人気記事はこちら
タップすると移動します

特徴1. リードと、上から目線を履き違えている

モテるためには、女性をリードすることが大切だと思っている男性も多いもの。

しかし、中には「上から目線で話すことがリードすること」だと思っている男性がいるのも事実。

「ここに行きたがってから付き合ってあげるよ。」

などの言動をしてしまうと、女性からは「なんで私が下なの?」と思われてしまうことも。

女性からの印象はとても悪くなり、一緒にいたくないと思われてしまうので、モテないのです。


特徴2. 下心丸出しな発言が多い

男性は仲良くなる手段として下ネタを使うことがあります。

例えば、

「経験人数はどれくらい?」

「ラブホとかよく行くの?」

のような、質問を面白いと思ってしてしまうのです。

こうした下ネタは、言われた女性が不快に感じてしまい、最悪の印象を与えます。

さらに、女性は下心を感じるネタにドン引きされるので、恋愛対象から外されてしまうのでしょう。


特徴3. とりあえず女性の発言を否定しがち

社会的地位があることは女性にモテる要素の1つだと思うと、なるべく自分を大きく見せる行動をしたくなりがち。

そこで、つい「それは違うと思うよ。」と女性の意見を否定してしまうことも。

しかし、意見を否定された女性は、ただマウントを取って偉く見せたいだけだと、男性の思惑を読み取ってしまいます。

些細なことで否定された女性は、話すたびに否定されることに不満を感じるので、LINEすらしたくないと思ってしまうのです。


特徴4. ひたすら自分の話ばかりする

自分の魅力をアピールしたり、大きく見せたりするために、人の話を遮ってまで自分の学歴や仕事、収入といった自慢話をしてしまうことがあります。

例えば、

「でも、僕の時はこんな仕事を任されて~。」

と、どんな話もすぐに自分のことに置き換えて自慢話をしてしまうのです。

しかし、こうした話を聞かされる女性は退屈になり、反応に困ってしまいます。

また、女性は話を聞くよりも、したい性格の人が多いため、空気の読めない自分勝手な人だと思われてしまいますよ。


特徴5. 根拠もない友人の悪口を言う

周りの男性よりも自分をよく見せるために、本当かどうか分からない友人の悪口を言って印象を悪くさせようとする人がいるのも事実。

例えば、ライバルの友人がトイレなどで席を立った時に、恋愛や仕事での失敗を話して、ネタ要員にしてしまうのです。

友人の悪口を平気で言える性格に、女性はドン引きしてしまいます。


特徴6. 「太った?」など余計な一言を言う

面白さを女性にアピールするために、周りの人の欠点や気にしていることをいじった経験があるかも。

例えば、女性に対して言う「太った?」という一言は、その場では「やめてよ〜」と笑い話になるかもしれません。

しかし、女性が本気で気にしていた場合、デリカシーのなさに引かれてしまいます。

いじった本人はウケたことが「モテている」と勘違いして、女性を傷つけるいじりを繰り返し、さらに嫌われてしまうのです。


【モテたい男必見】女性からモテる男になるための方法

「もっと女性にモテるようになりたい。」

「モテるための方法を教えて欲しい。」

女性にモテたいと思っていても、きちんと女性の気持ちを理解するのは難しいもの。

どんな行動が女性からモテるのか分からないですよね。

ここでは、社会人でも大学生でもできる、モテる男になるための方法を紹介します。

あなたのできることから始めてみましょう。


方法1. 毎日家を出る前に体臭チェック

女性は男性のニオイにとても敏感で、臭いと思われると見た目や性格が良くても、一気に気持ちが冷めてしまいます

そのため、家を出る時には、以下のような点を踏まえて体臭をチェックしましょう。

  • 衣服をきちんと洗濯したか
  • タバコなどのニオイが付いていないか
  • きちんとお風呂に入ったか

おしゃれな雰囲気を出すために香水を付けるのは有効ですが、付け過ぎるとキツくなるため十分注意しましょう。


方法2. 筋トレを習慣にする

太っただらしない身体より、筋肉があり引き締まった身体のほうが、女性は男らしく魅力的に感じます。

そこで、ダイエットだけではなく

  • スクワットなど自宅でできることから始める
  • 休息日を設ける
  • 短期間で効果を求めない

のような方法で、体を引き締めましょう。

筋トレは長く続けていくことが不可欠。

いきなりハードな筋トレをするのではなく、最初は簡単な筋トレから始めて習慣化していきましょう。


方法3. 常に背筋を伸ばす意識をする

女性は普段の仕草や行動もチェックしているため、女性の前ではどんな時もかっこよく見せることがモテるポイント。

なので、

  • 目線を上げてまっすぐ前を見る
  • 背筋と腹筋をメインに鍛える

といったことを意識して、正しい姿勢を心がけましょう。

突然、激しい筋トレを行うと身体を痛めてしまう恐れがあるので、負荷には十分注意しましょう。


方法4. 毎日洗顔をして、保湿までしっかりする

綺麗な肌は清潔感が生まれて魅力的に見えるもの。

モテるためには、男性でもスキンケアに取り組むことが必要です。

そこで、毎日の洗顔を欠かさず行うことに加え、以下のようなケアまでしっかりと習慣にしましょう。

  • 洗顔後はタオルでゴシゴシせず優しく水分を拭き取る
  • 洗顔が終わったら化粧水や乳液を使う

男性の肌質は女性と異なるため、男性用のスキンケア用品でケアをして、清潔感のある肌を実現しましょう。


方法5. できるだけ爽やかな髪型にする

髪型は自分の好みで決めてしまう男性が多いですが、いくら好きでも自分に似合っていない髪型だとダサく見えてしまいます。

また、爽やかな男性らしい髪型が、女性から好まれる傾向にあります。

そこで、爽やかさのある自分に似合う髪型になるために、

  • 行きつけの美容師と相談する
  • スタイリングに気を遣う

など、意識てしてみて。

ルックスはモテる要素の1つでしかないものの、第一印象でその人がアリかナシか決める女性もいるので、髪型にも気を遣っておくといいですよ。


方法6. デート中は車道側を歩いてあげる

女性は男性から大切にされていると感じるほど嬉しく思い、キュンとしてくれます。

そこで、

  • デート中に車道側を歩く
  • ドアを開けて待っていてあげる
  • 女性にソファを譲る

など、さり気なく女性をエスコートできるようになりましょう。

しかし、下心が見える気遣いは女性からの評価が低くなってしまうので、「優しくしてあげている感」「評価して欲しい感」が出ないようにしてくださいね。


方法7. すぐに家に呼ばず、外で会う

女性は男性の行動に敏感で、深読みしてしまうもの。

下心がなくてもすぐに自宅に誘うと女性は警戒してしまいます。

そのため、ある程度外でのデートを重ねて脈ありサインを感じてから、自宅でのデートに誘うようにしましょう。

また、女性は一度警戒感を抱くと、外でのデートにも応じてくれなくなくこともあります。

自宅に誘うだけでなく、外でデートをする時も、すぐにホテルに誘うような下心を見せないことが、仲良くなるためには大切ですよ。


方法8. 自慢話は控えて、相手の話を聞く

自分を魅力的に見せるために、学歴や収入、仕事などの自慢話をしがち。

ただ、女性には「モテるのに必死。」と思われます。

そこで、

  • 「うんうん」など目を見て相槌を打つ
  • 「そうなんだ。それで〇〇は?」と話を広げる

といったことを重視し、自分の話を控えることがモテる男性のポイントです。

また、女性は自分の話に同意されるほど楽しく感じます。

否定的な意見や自分の意見を言うよりも、「楽しそうだね。」など、話題や女性の気持ちに乗ってあげてくださいね。


方法9. デートのプランは率先して決めてあげる

女性にデートの内容を任せっきりすると、

「自分で決められない。」

「男らしくない。」

と感じられてしまします。

そのため、デートプランは率先して決めてあげるようにしましょう。

  • 行き先を2~3個用意しておく
  • 「このお店が気になってるだけど一緒にいかない?」と自分から誘う

などがポイントですよ。


方法10. 「かわいいね」など、さらっと相手を褒める

褒められると嬉しい一方、無理やり褒めているような様子には下心を感じてしまいます。

そのため、自然に女性のファッションや持ち物を褒められるようになることが、モテる男性になるために大切です。

例えば、

  • <「そのマフラーかわいいね」など、身につけている物を褒める
  • 「髪色が綺麗だね」など、褒めるポイントを絞る

のような点を意識してみてくださいね。

「〇〇より似合う」など、比較するような褒め方は失礼な印象になることもあるので、あくまでも相手だけを褒めるようにしましょう。


方法11. 知らないことは「知らない」と正直に言う

女性の前だと知っているフリをしがちですが、見栄を張っていただけなのがバレてしまうと、とてもカッコ悪いです。

そのため、知らないことは「知らない」と正直に伝えたほうが、気取った印象にならず、好印象。

ただし、知らないからといってそこで会話を切ってしまうと、冷たい印象に写ります。

「知らないから教えて!」といったように、知らないことも会話のきっかけにすることで、楽しく過ごせますよ。


方法12. 会話では笑顔を意識する

男性でも女性でも、表情が暗い人より明るく笑顔でいる人の方が、一緒にいたいと思いますよね。

そこで、女性と会話する時には常に笑顔を意識して、明るい表情で会話を楽しみましょう。

  • 会話中は広角を上げるようにする
  • 目線を落とさないように気をつける

など、会話中の仕草や態度に意識してみましょう。

作られた笑顔は不審に感じてしまうので、できるだけ自然に笑えるように、練習してみてください。


方法13. 歯の黄ばみ気になる方はホワイトニングをする

笑顔は魅力的に見える表情だからこそ、笑顔の印象をより良くすることがモテるためには重要なポイント。

歯が黄色くては、素敵な笑顔も台無しです。

歯の黄ばみが気になるという方は、ホワイトニングに挑戦してみてください。

また、口を開いたときに食べかすなどが見えてしまうと、いくらホワイトニングをしていても不潔な印象になります。

毎食後に歯磨きをするなど、日々の歯のケアにも積極的に取り組みましょう。


モテたい男は行動あるのみ。モテるためのアクションを起こしてみて。

社会人でも大学生でも、モテるためには女性の心理を知り、行動を変えていくことが大切。

しかし、本当にモテる行動とはどんな行動なのか、考えるほど悩んでしまいますよね。

今回紹介した、モテる行動を日頃から意識して、女性を魅了する行動を身につけましょう。

女性からモテる素敵な男性を目指してみてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事