物に当たる人の心理&特徴|職場などにいるイライラしてすぐ物を壊す人への対処法とは

物に当たる人の心理&特徴|職場などにいるイライラしてすぐ物を壊す人への対処法とは

HaRuKa 2022.06.22
男性女性問わず、カッとイライラした時に物に当たる人っていますよね。本人はストレス発散のつもりかも知れませんが、周りは怖いと感じているはず。そこで今回は、物に当たってしまう心理や物に当たる癖がある人の特徴を解説!さらに、物に当たる人への対処法や物に当たる行為を治す方法まで大公開。

物に当たるのをやめたい!感情を上手にコントロールする方法

物に当たるのを直す方法

物に当たってしまう人の中には「物に当たってしまう癖を改善したい」と感じている人もいるはず。

そこで最後に、物に当たるのを直すために、感情をコントロールして改善する方法をご紹介します。

感情がセーブできなくなる前に、実行できるよう心がけてみてくださいね。


物に当たる癖の改善方法1. カッとした時は深呼吸する癖をつけて、気持ちを少しでも落ち着かせる

物に当たってしまう人の中には、苛立ちや不満を感じたときにすぐに興奮し行動に移してしまう人が多いです。

そのため、物に当たることを止めるには、自分の気持ちを落ち着かせる方法を習得するようにしましょう。

イラッとしたときには行動に移す前に一呼吸置く、イラッとしたら違うことを考えるなど、少しずつ感情をコントロールできるようにすることが大切。

この繰り返しで、物に当たるという選択肢を自分の中から消していきましょう。


物に当たる癖の改善方法2. きちんと自己主張する癖をつけて、イライラや不満も口で伝えられるようにする

物に当たってしまう理由が感情を主張できないところにある場合、自分の気持ちを口に出す習慣をつけるようにしましょう。

感情を溜め込むことや周囲に合わせることで、自分の気持ちに整理がつかなくなります。

そこで「私はこう思う」「今の態度はおかしい」など、相手に気持ちをぶつけることで物に当たることがなくなるはず。

自分意見を溜め込まずに、人にちゃんと伝えるだけでも気持ちは軽くなりますよ。


物に当たる癖の改善方法3. 適度にストレス発散を行い、イライラや鬱憤を抱え込みすぎない

物に当たるのを改善するには適度にストレス発散をする

溜め込んだイライラの行き先がなくて物に当たってしまう場合、適度にストレス発散を行うことも大切です。

ストレスを溜め込むことで普段が許せることでも、許せなくなってしまいます。

それだけでなく冷静な判断ができなくなり、物に当たってしまうことも。

体を思いきり動かしたりショッピングを楽しんだりと、物に当たる以外のストレス発散方法を身につけてみることも一つの方法です。

【参考記事】はこちら▽


物に当たる癖の改善方法4. 物に当たっても解決しない事実をきちんと認識する

冷静になって考えてみると、物に当たっても何一つ解決しないことが分かると思います。ただ一時的にストレス発散できるだけ。周囲の信頼や信用もなくなるし、いいことはありません。

その事実をしっかりと受け止めて、物に当たっても仕方ない、物に当たることをやめたいということを理解しましょう。

「物に当たっても仕方ない」「物に当たっても解決しない」と理解できていれば、いざという時にセーブできるようになります。


物に当たる癖の改善方法5. 小さいことは気にならないくらい、器の大きい人間を志してみる

小さいことでクヨクヨしてしまいその感情をコントロールできないことが物に当たる原因となっている場合、大きな器になれるように努力してみることもおすすめです。

今までならイラッとしていたことも許せるようになると、物に当たろうと思うことが少なくなります。

「これくらいなら仕方ない」と周囲のことや自分の感情を許せるようになることも必要。自分自身の考え方を変えるつもりで取り組んでみてください。

【参考記事】はこちら▽


物に当たる人は、少しの努力で自分を変えられますよ。

物に当たる人は努力で直せます

今回は、物に当たる人の特徴や物に当たる癖を持っている人との接し方、そして物に当たる癖の直し方をまとめてご紹介しました。

物に当たる人は、その癖をやめたいと思っているはず。適切な対処法を実践して、サポートしてあげましょう。

物に当たることでいいことは何もありません。だからこそ、いち早くこの癖から脱却できるよいいですよね。


【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事